ロートアイアン製窓格子・面格子・防犯格子を全国販売。ハンドメイド日本製の3年保障付

制作事例と価格の目安

ロートアイアンで植物を表現すると
無骨な鉄とは思えない、曲線の美しさをふんだんに取り入れました。 つた模様の中に”無限大”を組み入れ、グリーンのステンドグラスをはめ込んであります。幸せと平和の象徴、小鳥もプラスし、家族の安全と繁栄を見守ります。

くわしくはこちら

みのりの麦穂を表現
あえて鉄の無骨さを残した作品です。鉄表面には「タタキ」と呼ばれる手法で、素朴な温かみが表現されています。アーチ状の曲線が広がりを感じさせ、全体的に縁起の良いデザインになっています。ご家族の健康と繁栄を願って。

くわしくはこちら

シンプルだけど意外とない
窓格子にはない、独創的で若々しいデザイン。リボンは立体的な曲線になっています。 ”鉄を結ぶ”ことで、家族の強いきずなを表現しています。リボン中央にはピンクのステンドグラスをはめ込んであります。ご家族に幸せのギフトを!

くわしくはこちら

当店で制作されたお客様へのインタビュー

ロートアイアン窓格子・面格子・防犯格子オーダー.comで制作されたお客様インタビュー

工房風景

当店提携工房の制作風景です。
左から右へ、面格子(窓格子)の制作工程順に紹介しております。

工程T タタキ
工程U 曲げ
工程V 溶接組
"タタキ"は鉄を叩いて、表面に表情を出す工程です。ひと手間加えることで、味のあるデザインになります。   ロートアイアンの要とも言うべき最も特徴的な工程です。硬い鉄でありながら柔らかな曲線を表現します。職人さんの熟練した技が図面どおりの曲線を作っていきます。   溶接しながら組み立てていきます。
溶接がしっかり出来ていないと、隙間から水分が入ってしまい、錆びの原因になります。

ロートアイアンで作った窓格子(面格子)はどこが違うの?

<アルミvs鉄製鋳物vsロートアイアン>

巷では、アルミ製の窓格子をよく見かけます。
アルミは軽く輸送に楽で、また、アルミの鋳物は大量生産が出来るため低価格に抑えられます。
一般に出回りやすいものです。
鉄製で少しデザインされた鋳物の窓格子もあります。
ロートアイアンとよく似ていて遠目には区別がつきにくいですが、やはり型に入れて作るもので、
大量生産出来るためコストを抑えられ、同じデザインが出回ります。

一番高価なものが、ロートアイアン製の窓格子です。
ロートアイアンは鉄の棒を熱しながら、たたいて曲げて作ることで、柔らかい自然な曲線を表現できます。
手づくりなので全く同じものはありません。
そういった意味では、ロートアイアン製の窓格子は、工業品というよりも工芸品であり、時には美術品に近いと考えます。
同じ鉄製でも、鋳物よりもロートアイアンの方が水分を中まで透しにくいので、より錆びにくく、丈夫です。
もちろん、人の手や工具で簡単に壊されるものではありません。
もっとも丈夫で美しいのがロートアイアン製窓格子です。


<鉄は昔からのエコ素材、地球の贈り物>

鉄は昔から利用されている、自然素材です。
地下から採取され、朽ちれば土に返ります。
鉄はリメイクでき、また鉄製品に生まれ変わることが出来ます。
鉄が洗練されて形を変えるロートアイアン製品は、人と地球にやさしく、おしゃれでロハスな生活を好まれる
こだわりを持ったお施主様に根強い人気があります。

  • ロートアイアンは鉄なのに、曲線表現が得意です。
  • 鉄は100%再生可能な昔からの地球にやさしいエコ素材です
  • もちろん、鉄だからじょうぶで長持ち、安心です。

当店のロートアイアン面格子(窓格子)への想い

当店は次の3つの基本姿勢に基づいて運営されています。

  • 無垢鉄を使用し、熟練した職人技で徹底した品質にこだわります。
  • わくわくするデザインで、施主様に夢と元気をご提供することにこだわります。
  • 施主様が後悔なさらないよう、綿密なコミュニケーションにこだわります。

当店の面格子の特長は―

  • 無垢鉄を使用し、熟練した職人が丁寧な手業で作り上げるため、水分や酸素を透しにくく、内部まで錆びにくくなり、
     @メンテナンスが楽になります。
     A耐久性が高く、防犯性に優れています。
     B世代を超えて長持ちし、時を味方に美しいアンティークになります。
  • 職人の手づくりだから、鉄なのに温かみが感じられます。
  • 全て当店だけのオリジナルデザインのため、他にはないお施主様だけの一品となります。
  • 全国どこからでも、サイズさえわかればオーダーできます。
  • ご購入後もアフターケア等のアドバイスなど、お施主様のご希望によりコミュニケーションを継続します。

※当店での無垢鉄とは、公園の手すりなどで見かける、内部が空洞になったパイプの様な鉄棒ではなく、
 中までぎっしり詰まった鉄の塊の棒のことを言います。
 重量は増しますが、強度、耐久性が格段にあり、細いものを使用しても安心感が持てると考えます。

お見積、お問い合わせはこちら

▲ページTOPへ